2017年の限りなく無農薬なへの字ヒノヒカリ稲作日記

LINEで送る

2017年のほぼ無農薬への字ヒノヒカリ稲作日記
一番の喜び、それは自分のつくるお米を好んで食べてくれる人が年々増えてきたこと。昨年なんかは刈取りとほぼ同時に完売し、今年収穫の分に予約を入れてくれる人もいる。本当に嬉しいし、ありがたく感じるとともに恐縮しております。

もっとたくさんつくれたらいいのだけれども、お母さんと二人でこのつくり方なら今が限界。ご希望される皆さまにお渡しできず申し訳ない次第でございます。

いつまでできるかはわからないけれど、量を捨てて味と安全にこだわるお米づくり。2017年も喜んで食べてもらえるお米の収穫を目指します。

LINEで送る

ページの先頭へ