LINEで送る

友人から軽くて使いやすいピンアイを頼まれた
自分が最近、ピンアイを使うようになってから調子がいいかと思ったら、さっそく友人から「俺にもピンアイつくってくれや」とせがまれた。仕方がないので秘蔵のコレクションから愛情たっぷり磨いた、ピカピカの銅色に輝くEYE2プラスのベリリウムカッパーを奢ってやる事に。

軽くて使いやすいやつという条件

友人からおまけに「軽くて使いやすいやつ頼むわ」という条件つき。うーん、シャフト何にするかな?自身の経験から、どーもNS系はどれもこれも中折れ感でパッとせえへんし、カーボンもどうなんかなーなんて考えていた矢先、ブルーの色がなにげにかっこよさげなシャフトを発見。

興味本位でアロイブルー空を二本買ってみた
メーカーは大好きなトゥルーテンパーやし、軽いのにパワフルって書いてあるけど、本当のとこどんなんやろ?ってことでダメ元でS200の#3と#7の二本だけ買ってみて試してみることに。新しいシャフトなのか、使用者の評判もほとんど無いし、二本だけならあかんでも仕方ないし。

7番と3番を組んで計測

七番アイアンで407グラム、D0
EYE2+の7番にアロイブルー空とゴルフプライドツアーベルベットラバーの組み合わせで総重量407gでバランスD0。めっちゃ軽いー。


三番アイアンで387グラム、D0
同じく3番で総重量387グラムで同じくD0とこれまた軽ーいクラブとなりました。

実際に打って試したところ

銅色とブルーのコントラストがかっこいい
グリップが乾いたであろう翌日、いつもの練習場に行って実際に球を打ってみたところ・・

なんじゃこれ! 思いっきり裏切られたやんけぇぇ・・

軽量シャフトというのが頭にあるせいかも知れませんが、めちゃめちゃいいです。弾道も方向も申し分なしで、スチールシャフトの進化と言うかこのシャフトの高性能ぶりに驚きました。へんな表現ですが感覚としてはダイナミックゴールドをハガネっぽく、グッと鋭くしたような感じです。

さらに驚いたのは球の高さ。経験したことないくらい高い球で、決してふけてるかんじではなく、距離はDGX100と同じく出てます。メーカーのカタログによりますと適応ヘッドスピードは38~46m/sとありますが、自分が思いっきり振って、叩いていっても、しなりは感じるけど中折れした感じはなかったから、普段から軽量シャフトを使っている人から、重めのしっかりしたシャフトを使っている人まで幅広く使えるスチールシャフトではないかと思います。


いいシャフトが見つかったんで残り6本もさっそく注文しました。これは友達もきっと喜びそうです。性能も良い上にピンアイ2ベリリウムの新品10円玉の輝きとシャフトのブルーのコントラストって、めちゃめちゃかっこいい!

残りの6本を組んで1セット完成

予想以上の良さで残り6本を注文
残りの番手が届きました。


残りの6本を組んで1セット完成
早速組み立てて1セット完成です。

出来上がったアイアンセットのデータ

番手長さ inch重量 gバランス
338.75387C8
438.25394C8
537.75394C8
637.25400C8
736.75407C8
836.25410C8
935.75420C8
W35.5435D0

コースで使用した感想

大津カントリー西コースで初使用
組み立てを頼まれている友達にことわりを入れたうえで実際にコースに持って行って使ってみました。4月14日(金)、場所は大津カントリー西コースで使ってみたところ、やっぱりいい。一番の良さは軽く振ってもよく上がるので、力まず振ってゆける点。で、ショートアイアンからロングアイアンまで全番手アプローチ感覚で使えるから、結果的にミスも出にくいし良いショットになりやすい。さらに今までの軽量シャフトと違って、ここ一番では打ち込んで、ターフを取るような打ち方にも対応してくれる点ですね。これがいままでの軟弱軽量シャフトでは難しかったですから。

あと、ピンアイ2の弱点である飛距離の無さもこのシャフトに入れ替えることにより一番手くらいは十分に飛びます。EYE2とはとても相性の良いシャフトと言えます。

あまりの良さに友達にくれてやるのが惜しくもあります。これは自分用にもワンセットつくらねば

LINEで送る