LINEで送る

自分がゴルフを始めた頃でもう20年以上前になりますが、日曜夕方のTVツアー中継では毎週のように優勝争いを繰り広げていた当時は無敵の尾崎将司選手。通算優勝回数113回と世界プロツアー最多記録を持つジャンボ選手が開発に加わり、実際に使用していたのがこのJ’sチタンマッスルアイアンでした。確か「チタンが最後にもう一押ししてくれる」とかなんとかのキャッチフレーズで売り出されたこのアイアンは10000セット限定税抜き50万円というお値段で、さらに一時はプレミアがついて未使用なら80万円の値段になったこともあるそうです。後々になって一般モデルが税抜き35万円で販売されていましたね。

30歳前で小さな子供を持つ当時の自分には到底手の出せるシロモノではなく、練習場やコースでお金持ちそうなおじさんが持っているのを羨望のまなざしで、しかも横目でチラチラ見ていたものです。その後もJ’sチタンマッスルにたいする憧れはずっと続き、事あるごとにヤフオクなんかを覗いては「お気に入り」には入れるものの、程度と価格のバランスに納得がゆかず今までポチっとせずにきたのですが、偶然めちゃめちゃ美しいチタンマッスルを発見し思わずポチっとでめでたく我が家にやってきてくれました。

20年越しの憧れ、手に入れたアイアンは奇跡的な美しさ

ジャンボ尾崎選手の息吹を感じる不朽の名作アイアン | J'sチタンマッスル限定版 HM-80
1995年のクラブなのにどうですかこの美しさ!ソールのJumboの文字は限定版の証。

ジャンボ尾崎選手の息吹を感じる不朽の名作アイアン | J'sチタンマッスル限定版 HM-80
ジャンボ尾崎選手の息吹を感じる不朽の名作アイアン | J'sチタンマッスル限定版 HM-80



うーんかっこいい。クラブにかんしては人一倍造詣の深い尾崎選手のこだわりが詰まっていると思うと感無量です。

ジャンボ尾崎選手の息吹を感じる不朽の名作アイアン | J'sチタンマッスル限定版 HM-80
特にこのSとPSなんかは独特の形状で、こんな自分でもボールを包み込むイメージが沸いてきます。ウェッジ系は特にこだわりを感じる形状となっています。

ジャンボ尾崎選手の息吹を感じる不朽の名作アイアン | J'sチタンマッスル限定版 HM-80
グリップも当時のまんま。その頃ショップではJ’sのマークが入ったこのグリップだけを売ってましたね。J’sのグリップは結構ええお値段でしたね。

ジャンボ尾崎選手の息吹を感じる不朽の名作アイアン | J'sチタンマッスル限定版 HM-80
背中の圧入されたチタン部はとーっても傷がつきやすいそうで、一本一本に専用のカバーがついています。

ジャンボ尾崎選手の息吹を感じる不朽の名作アイアン | J'sチタンマッスル限定版 HM-80
背面には「professional secret weapon」の文字。直訳すると「プロの秘密兵器」となります。まさしくジャンボ選手の秘密兵器だったんですね。professional secret weaponの文言は限定版だけに書かれています。
ちなみに一般モデルの背面はこれ。
チタンマッスル
これはこれでスッキリしていてかっこいいですね。

ずっと憧れていたこともあり、あくまでもコレクションとして手に入れたこのアイアンですが、手に入れば打ってみたい、使ってみたい、あの頃のジャンボ選手を想いながら・・ なーんてスケベ心が顔を出します。

J’sチタンマッスル限定版を実際に打ってみた

もう結構ゴルフもやってるし、普段はMP37使ってるしでそれなりに打てるんと違うかな? ラウンドで使うとなればキャディバックは何がええかな? いっそのことJ’sドライバー&スプーンも揃えるか! なんて考えながらいつもの練習場へ行って実際に打ってみたら・・

何これ 無理!! しんどい。

球上がらんし、飛ばんし。めっちゃハード。
2番だけはRフレックスなので、それなりに打てるものの3番からSWまではSフレックスのため無理! RとSで別次元。まるで別物ですなこれは。

原因はこれ
ジャンボ尾崎選手の息吹を感じる不朽の名作アイアン | J'sチタンマッスル限定版 HM-80
ハーモテックプロ HM-80のSシャフト。

半端なく弩級のシャフトですねこれは。自分のようなアマチュアが扱えるシロモノではありません。このシャフトを振ったあとに普段のDGX100を振るとなんとラクなことか。そして、柔らかい。
筋力だけは自信のある自分ですが、チカラだけではこのシャフトは扱えません。良いスイングと体のキレが必要な、そういう人しか使えないシャフトなんでしょうね。うーん、さすがはジャンボさん。(と言ってもジャンボさんのはXフレックスでした・・さらに恐ろしい)


もっともっと練習を積み重ねて、いつかはコースで使ってみたいと思いつつ(・・たぶん無理)当分は部屋のインテリアとして時々ジャンボさんの雰囲気だけを楽しませていただくことにします。

LINEで送る