LINEで送る

効果あり、サスケのアニマルセラピー(ドッグセラピー)
以前にもサスケのドッグセラピーについて書きましたが、もう一度。アニマルセラピーに向いている犬種として一般的にレトリバー系やボーダーコリー、シェパードにミニチュアダックス、プードルなどがあげられますが、なんのなんのボクサー犬だって素晴らしい能力を持っていると思っています。

人には優しいサスケだって、特に赤ちゃんや小さな子供、そしてお年寄りにたいする優しさは異常。最高の癒し感・安らぎ感を与えてくれます。(もちろん50過ぎオッサンの自分にも)

実際にずっと高血圧症だった自分の血圧も安定してきています。事実、2013年にイギリスで発表された研究結果として「犬と暮らす高血圧の飼い主の血圧が低下した」とあります。人は犬と接するとオキシトシンというストレスを軽減する「幸せホルモン」が分泌されることが原因だそうですね。家族の心を穏やかにしてくれて、心を開いてくれて、体の問題も改善してくれる。愛犬から人間が受ける恩恵ははかりしれないと感じています。ただ犬側から見れば人間と共存することが犬にとっても幸せかどうかはわかりませんが、少なくとも人間にとっては幸せなのは間違いないと思います。

一番期待したいおばあちゃんへの効果

効果あり、サスケのアニマルセラピー(ドッグセラピー)
効果あり、サスケのアニマルセラピー(ドッグセラピー)



今年で81歳になる我が家のおばあちゃん。足腰も弱ってきたけど天気の良い日は庭でサスケと触れ合ってくれています。認知症の症状も少なからず出てきたおばあちゃんですが、末永く楽しく、幸せに暮らして欲しいと願っています。サスケの存在、サスケと触れ合うことがおばあちゃんの心身にとっても良いことであるなら、こんなに嬉しいことはありません。(不意に飛びついたりの事故防止に、おばあちゃんが近づくときはチェーンをしています)

LINEで送る