LINEで送る

令和3年2月28日から3月1日にかけてワンコ達と京丹後方面へ冬の味覚の王者を求めて行ってまいりました。最近はやりの愛犬車中泊をするために購入したバン車も今年1月に納車されました。実は先日予行演習を兼ねて伊勢方面へ車中泊初体験をおこない、反省と改善を加えて今回で2回目の車中泊となります。

サスケとこてつと京丹後へ | 冬の味覚
まずは当日の宿泊地となる京都縦貫道の京丹波PAへ。車中泊ポイントって無数にあると思いますが自分らのような初心者にとってはやはり高速のSAやPAがなにかと段取りが良いです。元長距離ドライバー(と言っても約30年近く前の事・・)の自分はどこでも止めて寝れますが、お母さんも一緒なのでやはり明るくてキレイなトイレは外せません。

サスケとこてつと京丹後へ | 冬の味覚
サスケとこてつもトイレを済ませたら少し遅めの晩ごはん。ワンコ達も少し慣れてくれたのか、この後朝までぐっすり寝てくれました。

サスケとこてつと京丹後へ | 冬の味覚
今回の目的地である京丹後市網野町にある浜詰漁港を散策。港では漁を終えた漁師さん達が網の手入れをしておられました。冬でも真っ黒に日焼けして凛々しい方々でした。皆さん男前です。

サスケとこてつと京丹後へ | 冬の味覚
実はこちらの浜詰漁港、アオリイカ釣りでは有名な一級ポイントで今回ここでアオリイカ狙いをしてみようと企んでいたものの、あまりの強風に断念。

サスケとこてつと京丹後へ | 冬の味覚
今回メインの「りょかん かとう」さんに到着。こちらは網野町夕日ヶ浦温泉にある旅館ですが、今回お昼のコースでお世話になりました。

サスケとこてつと京丹後へ | 冬の味覚
とにかく大満足の一言。海鮮好きなお母さんは当然として、どちらかと言えば海鮮苦手派の自分でも本当に美味しくいただきました。出てくるもの出てくるものすべてびっくりするくらい美味しい。良い食材に良い板さんの腕が加わるとこのようになる典型だと思いました。女将さんも気さくで親切でこれからもお世話になりたいと思います。じつはこちらの「りょかん かとう」さんですが、お母さんのバレーボール仲間の方の紹介で知りました。そちらのご家族はずっと前から毎年通われているそうです。今回、紹介で知った自分がいうのもアレですが、こちらのお宿本当におすすめです。知る人ぞ知るっていう類のお宿でした。

サスケとこてつと京丹後へ | 冬の味覚
宿近くの浜詰海水浴場を散策。こちらは山陰地方屈指の約6キロにも及ぶロングビーチです。美しい砂浜と海が素敵でした。

サスケとこてつと京丹後へ | 冬の味覚
サスケもこてつも砂浜初体験。本当はノーリードにしてやりたくもありますが、ドッグランでも無いしここはスーパーロングリードで我慢です。

サスケとこてつと京丹後へ | 冬の味覚
どちらも走り回って満足したのか、爽やかな顔をしていました。

サスケとこてつと京丹後へ | 冬の味覚
浜詰漁港が北西からの強風だったので風裏になるところならと伊根までひた走り、伊根の網干場で釣り。狙いはもちろん越冬してきた巨大アオリイカ、お母さんは食べておいしい根魚。で、釣果のほうは・・?言いたくありません。で、こちらの釣り場ですが有料ですがコインパーキング有、キレイなトイレありと足場も安全で良いのでファミリーフィッシングにも最適です。ただしもう少し水温が上がってからですね。海は素晴らしくきれいで伊根の舟屋も見えて風情満点です。

釣りの後はクアハウス岩滝に寄ってひとっ風呂。こちらは天橋立 岩滝温泉ですべすべ天然温泉です。ちゃんとボディソープ、シャンプーが完備されていて500円くらいだったと思います。さっぱりポカポカになった後は京都縦貫を南下し家路へ。

サスケとこてつと京丹後へ | 冬の味覚
サスケとこてつと京丹後へ | 冬の味覚
サスケもこてつも楽しんでくれたかな。ドッグファーストでできるだけこまめに休憩は取ったけどやっぱりお疲れの様子。どちらも晩ご飯のあとはぐっすりでした。

サスケ復活!
サスケ、次はどこ行こうか? 楽しみやな!

LINEで送る