LINEで送る

現在1020h、長年使い込んだヤンマートラクターAF-222の耕運爪の交換をしました。

ヤンマーAF222の耕うん爪を交換
五年前からオレンジ色の「ストロング爪」で頑張ってきましたが、もうダメ。減り減りのちょろい爪になってしまいました。これでは土の反転性も大きく落ちているでしょうね。


ヤンマーAF222の耕うん爪を交換
今回新たに用意したのは東亜重工製のスーパーゴールド爪(super gold)、ロータリーはR215Mなので品番は62-124、偏心爪が2本と左右15本づつで計32本セットとなります。箱の右下に「幸運爪」と書かれていますが、金色と耕運をかけているのでしょうか(笑)

販売店の説明によると「スーパーゴールド爪は従来より爪幅が広くて耐久性抜群!反転性にも優れ、機械への負担が少ない爪です。」だそうです。


ヤンマーAF222の耕うん爪を交換
箱を開けるとご覧の通りビューティフル!この金色が幸運をもたらしてくれるのでしょうか。

爪交換作業に際し用意したもの

ヤンマーAF222の耕うん爪を交換
爪と一緒にボルトナットも新調します。17mm頭の耕運爪用ボルトナットスプリングワッシャーのセットを32個。


ヤンマーAF222の耕うん爪を交換
19×17爪交換専用のレンチ。これが無いころは普通のメガネレンチでやってましたが、ずいぶんと早く、楽になりました。そんなに高い物ではないので、農家なら必需品と言えますね。


ヤンマーAF222の耕うん爪を交換
高めの風呂椅子。なんせこれは隠れた必需品!これが無いと腰が痛い、痛い。高さ、座り心地がこの作業に最適なんです。

減り具合の比較

ヤンマーAF222の耕うん爪を交換ヤンマーAF222の耕うん爪を交換

こんなにも違うものですね。いやはや土の摩擦ってすごいです。

爪交換完了

ヤンマーAF222の耕うん爪を交換
強そうでキレイですね。今回は一山盛りにて配置しました。見るからに反転性が高そうです。

LINEで送る