LINEで送る

奈良県産ひのひかり種籾
農協さんから購入した純正ひのひかりの種籾3Kgを二袋。たいていの農家さんでは種籾を買わずに前年の田んぼから取り置きする方がほとんどで、確かにその方がコスト的にも安くつきますが、やはりそこは100パーセント混じりっけ無しにこだわっていきたいです。


種籾の入水
桶に種籾を入れます。ここでも一般的な農家さんでは種籾の消毒と言いまして薬液に種籾を浸け込みます。実際に各地の農協さんでもそのように指導されていますが、自分は籾を薬に浸けるなんてしたくないし、それで不具合があったことなど一度もありません。


水を入れて金魚用のブクブクを入れる
桶に水を入れて金魚用のブクブクで酸素補給をします。このことにより眠っている籾の目をさまさせて、スムーズに発芽してもらうわけですね。

種籾の途方もないパワーにロマンを感じずにはおれません

種籾のパワーにロマンを感じる
使用する種籾の量はたった6Kg、それが約五か月後の収穫時には2トン(2000Kg)以上になるんですね。稲わらなんかも含めるとその倍以上かも知れません。恐るべき生産性の高さですよね。この小さな一粒一粒の種籾のどこにそんなパワーが眠っているのかと思いませんか?

毎年のことながら私はこの小さな種籾のはかり知れない可能性にとってもロマンを感じてしまいます。

LINEで送る