LINEで送る

一回目の代かき・馬鍬

代かき 馬鍬1回目
暖地である大和平野もようやく田んぼに水が入る時期となりました6月8日より一回目の代掻きを行いました。4月末に一度だけ荒起こしをしただけの我が家の田んぼ。また雑草たちが伸びてきていますが、この雑草たちをトラクターで泥の中へと練り込みます。

代かき 馬鍬1回目
お隣の田んぼでは早くも田植えが始まってます。遅いスタートの我が家ですが、これも無農薬で稲作を乗り切るための計画(作戦)のうちです。

代かき 馬鍬1回目
一度目の代かきの目的は1土の塊を細かくする事、2田んぼの高低差を無くし平らにする事、3雑草や昨年の稲藁を土の中に練り込む事。トラクターの速度もロータリーの回転速度もゆっくり、ゆっくりスローで時間をかけます。

代かき 馬鍬1回目
少し水が多すぎた感はありますが、とりあえず一回目の代かきが終了。おおよそ一週間後に二回目の代かきを行う予定です。

二回目の代かき・馬鍬

二回目の代かき・馬鍬
一回目の代かきから約一週間。雑草がふたたびポツポツと頭を上げてきました。

二回目の代かき・馬鍬
復活してきた雑草を練り込むようにロータリーをスローペースで二度目の代かきを行います。

二回目の代かき・馬鍬
田面をできるだけ鏡の様に美しく仕上げたら完了。これからいよいよ移植(田植え)を開始します。

苗の移植(田植え)

苗の移植(田植え)
二度目の代掻きから数日経った6月17日と18日の二日間で田植えを行いました。田植え機は今年もヤンマーPe-1ですが、トラブル無く活躍してくれました。最新の田植え機と比較して遥かに植え付けスピードは遅いですが、そこさえ我慢すれば使いやすくて良い機械です。

苗の移植(田植え)
植え付け感覚は今年も疎植。への字稲作ならではの株間を広く開けた植え付け間隔です。

苗の移植(田植え)
ぎゅうぎゅう詰めの苗箱から広い田んぼへ移ったので、自分には苗たちも喜んでいるように見えます。周りの田んぼは田植え前に肥料を与えてますが、我が家では無肥料での出発です。ゆっくり時間をかけて太く逞しく育ってくれますように。




今後も成育に応じて都度更新してまいります。

LINEで送る